【投稿者コラム】

パチンコ店で働いた私が将来に困るまで

私自身、20歳から30歳前半までパチンコ店で正社員として勤務していました。
初めはパチンコには興味がなかったのですが、従業員として新台が入ったり、接客やトラブルがあるたびに、機械のしくみやゲーム性などを覚える必要があるという事から、パチンコにはまり始めてしまいました。

徐々に確実に進むパチンコ依存

パチンコ店での収入は当時の私の年齢からすると、一般企業では貰えないくらい収入があり、生活にも余裕がありました。その為、休みのたびに仲良しの従業員と朝早くから他のパチンコ店に並び、そこで半日以上は過ごすという日々でした。

休みだけと決めていたのが、いつの間にか仕事終わりや、仕事の前にも短時間しかなくとも行くようになり、それが日課のようになっていきました。
自身では依存しているという感覚は全くなく、当たり前の日常として過ぎ去っていました。
もちろん、毎回勝てるわけではなく、負ける時は10万円は普通に使ってしまったり、とにかく1日に使う金額は凄く多かったはずです。

財布の中には常に10万円は入れているものの、銀行のキャッシュカードも入れていたので、手持ちがなくなればおろしに行く、おろしに行くところが近くになければ、とりあえず一緒に来ている仲間に借りるという事までやっていました。

勝った時はみんなでそのまま外食、パチンコの話で盛り上がり、とにかくパチンコとスロットという枠だけの話しかほとんどなかったように思います。
パチンコもスロットも両方やっていたので、お金の減りも早かったですし、そもそも、なぜそこまで使ってしまっていたのか。
1度勝ってしまうと、お金が増えるという事が手軽に感じ、また増やそう、増えるかもしれないと錯覚する。
ゲーム性も楽しいものは、のめり込む要素があり、アクションなど演出が、やっている者をドキドキハラハラさせて、その期待や「惜しい!」という感覚が刺激的に感じる。
もう少しでかかりそう!これだけつぎ込んだのだから、そろそろかかるはず!という追い込み。
つぎ込んだ分の半分でもいいから、なんとか取り戻したい。

そんなこんなが入り交じり、1日に使う金額もですが、日々通ってしまう原因にもなっていました。

10年間パチンコにハマった結果、今の生活に

それを10年間続けた結果、あれほどパチンコ店の従業員として収入が毎月たくさんあったにもかかわらず、貯蓄は50万円以下。年齢も30代半ば。将来の事をふと考えた時に、初めて「どうしよう」という不安が沸き上がってきました。
10年間パチンコにつぎ込んできた総額を考えると、30代半ばにして貯蓄はかなり多かったはずで、将来にも不安はなかったはずです。
パチンコ店の従業員という仕事も年齢を重ねていけば、一般企業に比べると早い段階で引退しなければいけない仕事である、将来も不安定という事に気づいた時には既に遅かったのです。
世の中では、毎日の生活費でさえ使ってしまったり、借金してしまったりしながらもパチンコを続ける人もいます。
ただ、まだ今だったら、少し立ち止まって考える事ができれば、私のようにパチンコをやめる事もでき、少しずつですが将来の為に、家庭の為になど貯蓄とかできると思います。
全くやめてしまえ!というのではなく、計画性が大切で、のめり込み過ぎるのもダメですし、我慢し過ぎるのも良くはない。そんな中で少しずつ現実として受け入れていき、どこかできっちりとした線引きは必要ではあると思います。

毎月に使う金額を制限する。それを守る。

これをやるだけでも何かしら自分に変化はあると思います。
パチンコというギャンブルを否定するわけではなく、ほどほどにしなければ、私のように不安になる時がきますし、私よりも不安な将来が待ってる可能性もあるので、もっと夢中になれる何かを見つけて、パチンコは二の次の楽しみとした方が良いと思います。
私自身が今40代後半に近づき、あの頃使っていたお金が今全部あったらな…と凄く後悔している事でもあるので、参考にして頂ければと思います。